本文へスキップ

フレコンとはフレキシブルコンテナバッグの略称です。

フレコンのオプションなどについて紹介するサイト『いろいろとあるフレコンバッグのタイプ』

『いろいろとあるフレコンバッグのタイプ』はフレコンの種類について解説します。

フレコンって?

  • あまり耳慣れないフレコンですが、これがなんの略なのか分かるでしょうか。 フレコンとはフレキシブルコンテナバッグ(FlexibleContainerBags)の略で、時折 ですがフレコンバッグと呼ばれることもあります。 コンテナと言うと硬くて大きな箱のイメージがありますが、フレキシブルなこれは 袋のように柔らかくて収納時には畳むこともできます。 フレコンにもいろいろな種類がありますので、先輩に「フレコン買って来て」 と頼まれた時に対処できるよう、どのような種類があるのかを知っておくことが 社会人には求められるでしょう。

標準タイプ

  • フレコンバッグは容量や材質の違いも気にしたいところですが、扱い方によっても けっこうな種類に分かれているのも見逃せません。 内容物を投入する入り口はどうなっているのか、すごく大きな入り口なのかあまり 大きくないのか、これも作業方法を左右する項目でしょう。 また目的地に到着して中身を取り出すときのこともあります。 グルリとひっくり返してザザザーと排出するなら、反転フックがついているタイプ がとっても助かるでしょう。

排出タイプのフレコン

  • フレコンバッグには上部に投入口が付いていますが、下に排出口が付いているタイプ の物もあり、これがなかなか便利なのです。 中身を取り出すときにフレコンをさかさまにしなくても、排出口を開ければ一気に 放出してくれるので手間も時間も短縮してくれるのです。 その必要がない物を運ぶのならノーマルタイプで充分ですが、どこかでドバーッと ぶちまけたい物を運搬するのなら、このような排出タイプのフレコンバッグを 使って効率の良い業務を実践してみましょう。

フレコン用品

  • より快適にフレコンバッグを使用するため、いろいろな製品が市販されています。 こういったオプションは上手に利用することで作業効率を格段に高めてくれます から、気になる品があったら試しにどんどん使ってみるといいでしょう。 なんだかんだいってもフレコンはただの容器、袋のようなもので、それ自体は 安いものですしたいした機能は付随していません。 工夫してオプションを活用する、そのアイデアがなければポテンシャルを最大限に 引き出すことは叶わないのです。 上手に使えば何度かリサイクル可能となるかもしれませんし積極的にチャレンジです。